Skip to content

薄毛の原因となるヘアサイクル異常のメカニズムとは

ブラッシングやシャンプーなど、何げないケアで髪は毎日抜けていますが、1日にどのくらいの抜け毛なら正常範囲なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。
通常、1日の抜け毛は約50本から100本以内であたら、正常の範囲内と言われており、薄毛の心配はありませんが、あきらかに100本以上の髪が抜けている、また抜け毛は気にならないけれど髪自体が細くハリが無くなってきたと感じる場合、薄毛が進行しているかもしれない為、注意が必要です。

髪は抜けるものという事は分かっていますが、少し触っただけでも抜けてしまう髪もあれば、引っ張ってもなかなか抜けない髪があるのは、どのような違いがあるのかというとヘアサイクル、または毛周期と言われる髪が生え変わる周期が、毛根の組織に備わっているからで、ヘアサイクルは成長期・退行期・休止期と大きく分けて3つの段階に分かれており、それぞれの段階で髪や毛根の状態に違いがあります。

成長期は「成長」と名付けられている通り、髪が成長する段階の事で毛根部分にある、毛母細胞の分裂が活発となり、どんどん髪が伸び続けている状態となっていて、髪全体の約80%から90%は成長期の段階にある点が特徴で、しっかりとした毛根なので、少々引っ張ったくらいでは成長期にある髪は抜けず、男性・女性、また個人差はあるものの、平均して約2年から5年程度、成長期が続きます。

退行期は細胞分裂の働きが徐々に弱まり、髪の成長がストップする段階の事で、生えている髪の約1%程が退行期の状態にあると考えられており、この段階に入ってから約2週間から3週程度で、毛根の細胞は完全に活動を停止し、次の段階「休止期」へと移行するのです。

髪を成長させる為に活発に働いていた、毛根組織や毛母細胞が完全に活動を停止する「休止期」に入ると、新しい髪を作り出す為に、徐々に上へと髪が上がって最終的には自然に抜けるようになっており、休止期の髪はブラッシングやシャンプーなど、ちょっとした刺激でも簡単に抜けてしまいます。

このように、髪はどんどん成長する成長期・活動が弱まる退行期・そして完全に活動が止まり髪の寿命がやってくる休止期と、3つのサイクルが繰り返し行われる事で、生えたり抜けたりを繰り返しているのですが、何らかの原因によりヘアサイクルに乱れが生じると薄毛が進行してしまう恐れがあると考えられています。

男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が、髪を作る毛母細胞の働きを弱めてしまうAGA「男性型脱毛症」や、女性に起こる「びまん性脱毛症といった、脱毛症はヘアサイクル異常によって起こりやすい症状です。

通常、髪の成長は約2年から5年程度と続くのですが、男性型脱毛症やびまん性脱毛症に陥ると、約半年から1年程度でまだ成長段階にある髪も抜けてしまい、どんどん薄毛が進行してしまうのです。

髪が抜けてしまうという以外にも、未熟な成長途中にある髪が抜けてしまう事から、全体的に髪が細くハリが無くなってしまう、産毛のような髪が増えてしまうという傾向にあり、ヘアサイクル異常によって抜けてしまった髪は、髪自体が短い、毛根が委縮している、また毛先に向かって髪が細くなっているケースも少なくありません。

健康な髪、自然な抜け毛というのは髪の根本から毛先までの太さは、ほとんど変わらず、毛根もマッチのように丸くなっているという特徴がありますので、抜け毛が増えた・頭皮が薄くなったように感じるという場合、まず抜け毛をチェックしてヘアサイクル異常で抜けた髪かどうか調べてみましょう。

髪が抜けるメカニズムや、健康な髪のチェック法などを知っておけば、もし抜け毛が増えたという時も自分である程度、調べる事が可能です。

薄毛になるメカニズムと育毛剤による対策法

薄毛を引き起こす原因の一つとしてAGAがありますが、これは男性型脱毛症の事ですので主に男性によく見られる脱毛症であり、尚且つ多くの男性がこの脱毛症が原因によって薄毛になってしまう可能性が高いとされています。
AGAが原因の場合、どのようなメカニズムによって薄毛になるのかと言えば、大きな原因になるのが男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素である5αリダクターゼですが、それぞれが別箇の状態ですと問題は無いものの、両者が結合した時に抜け毛を発生させてしまう原因になってしまうのです。
テストステロンと5αリダクターゼが結合する事によってジヒドロテストステロン、通称DHTと呼ばれる成分に変換されてしまうのですが、そのDHTには強力な脱毛作用があり、濃度が高まる事によって毛髪のサイクルを狂わせ、そして髪の毛が本来成長するはずの時間が短くなる事で抜け毛が増加してしまうと言われています。
これがAGAによる脱毛のメカニズムですが、先にも述べたように多くの男性に関連がある脱毛症ゆえに、もし抜け毛が多くなってきた時には真っ先に疑いたい存在と言えますし、そして進行性の脱毛症ゆえに早めに対策を行うようにした方が良いでしょう。
対策方法としては育毛剤を使用するのが定番となっているようですが、並大抵の育毛剤では効果はありませんし、抜け毛の予防にすらならない可能性がありますのでよく選んで利用しないとまるで意味のない対策になってしまう可能性があると言えます。
AGAが原因の場合でも有効性がある育毛剤もありますが、それはミノキシジルという成分が配合されているものであり、ミノキシジルはAGAによる脱毛にも効く可能性が高い成分として知られていますし、実際に病院での薄毛治療の現場でも用いられる事がある、薄毛に悩める方にとって頼りになる存在と言えます。
ミノキシジルが効くと言われている理由は血管を拡張させる働きがあるからですが、血管を拡張させる事によって血流が促進され、そして毛根に十分な栄養が行き渡るようになり、それによって抜け毛を予防する事ができたり、強力に発毛を促進する事ができるゆえに有効性が認められています。そしてミノキシジルの優れたポイントは実際に発毛が確認されている事であり、その発毛効果は医学界からも認められ、数少ない薄毛に有効性がある成分として扱われているのです。
AGAを改善する為にも非常に頼れる存在と言えますが、ただし使用する際にはいくつかの注意点を知っておく必要があります。
まず初期脱毛の可能性がありますので普段よりも多くの抜け毛が発生する事がありますが、もし抜け毛が多くなった場合でも途中で使用を止めず、継続して使用する事が大切です。脱毛が発生すると不安になるかもしれませんが、脱毛が多くなるのはミノキシジルがきちんと効いている証拠ですし、そもそも脱毛が多くなったのはヘアーサイクルがリセットされ、弱くなった毛を一旦脱毛させるという作用にしか過ぎませんので、脱毛が多くなった場合でもそれほど心配をする必要はありません。
ミノキシジルを用いる際には肌に合わない可能性がある事も念頭に置いておく事が大切ですが、肌に合わないようですと頭皮にかゆみやかぶれが発生する事がありますので、もしこういった症状が現れた際には注意した方が良いと言えますし、安全に使用する為にもまずはパッチテストを行い、肌との相性をチェックしておいた方が良いでしょう。ただし、それらの症状は一時的な可能性がありますし、使い続ける事で発生しなくなる事もありますので、もし症状が発生したら使用量を減らすなどしながら様子を確認してみた方が良いかもしれません。

薄毛のメカニズムとホルモン以外の脱毛について知る

薄毛、抜け毛は男性だけではなく女性にも多い症状ですが、適切な処置を行うことでかなり改善できる場合もあり、今は男性のAGA治療はもちろん、女性の治療も積極的に行われていますし、育毛関連のシャンプー、育毛剤、さらにマッサージ器なども多くの種類が販売されています。

薄毛の悩みを改善するのは、メカニズムを知っておく必要がありますが、まず考えられるのはホルモンの影響で、男性の場合はテストステロンという男性ホルモンの一種が毛髪や皮脂にある5αリダクターゼにより活性化されるとDHTという強力な男性ホルモンを作り出し皮脂の分泌を促進させて毛穴を詰まらせたりタンパク質の合成を阻害して髪に悪い影響を与えてしまうことにつながり、男性ホルモンの影響を受けやすい頭頂部や生え際から薄毛が進行していきます。

女性の場合は女性ホルモンが美しい健康な髪を作る働きがありますので、男性に比べて髪の悩みが少ない傾向にありますが、更年期に女性ホルモンの分泌が減少したり、出産後のホルモンバランスの変化で髪が抜けやすくなる傾向にありますし、女性に多い症状としては甲状腺ホルモンの過剰や減少も抜け毛を多くすることにつながります。

髪が抜けてしまう原因はホルモンの影響以外にもありますので、ホルモン以外の脱毛についても知り、それぞれに合う改善方法を選ぶ必要もあります。
ホルモン以外の脱毛には腫瘍による脱毛もあり、粉瘤やイボなどの良性の腫瘍が原因していることもあれば皮膚がんや悪性の腫瘍が原因で髪が抜けることもあり、さらに腫瘍の治療のための抗がん剤などの影響で一時的に髪が抜け落ちてしまうこともあります。
さらに外傷による脱毛もあり、怪我や火傷などが原因でその部分の髪がなくなってしまう、なかなか生えてこないなどのものもありますし、さらに手術が影響することもあり、さらに髪をひっ詰めるような髪型を長時間行っている場合に髪が薄くなる場合もこうした脱毛症の一種となります。このような場合は軽度なら毛髪の再生も期待できますが、毛根や毛乳頭がかなり損傷している場合は再生が難しくなます。

ホルモン以外の脱毛としては先天性脱毛という症状もあり、これは生まれつき毛根がなく毛が全く生えていないという症状もありますし、生まれつき紙が薄く完全に生え揃わない、さらに最初は髪が普通に生えていたのに、徐々に抜け落ちてその後は生えてこないという場合もあり、このほかでは遺伝性症候群による脱毛もあり、いずれの場合も改善が難しい症状で、かつらなどで対応することが多くなっています。

この他ではカビによる感染もあり、カビはマラセチアと呼ばれる常在菌が異常に増えてしまうことで髪が抜けやすくなるもので、こうした菌は普段は害のないものですが、皮脂や汗の分泌が多くなるとそれをエサにして急激に菌が増殖してしまいます。
カビが増えるとかゆみ、頭皮の赤味が出たり、髪を洗ってもすぐにフケが出るなどの症状が現れ、髪も抜けやすくなってしまいます。改善のためには抗真菌剤を塗布したり、抗真菌剤の配合されたシャンプーを利用したり、ビタミンB群やビタミンCをしっかり摂ることも皮膚の状態を良くするのに役立ちます。

さらにホルモン以外の脱毛では瘢痕性脱毛という症状もあり、外傷や火傷、放射線治療、このほかでは菌の感染などの影響によって起こる脱毛で毛根が完全に破壊され、永久脱毛のような状態となり毛が生えなくなっているもので、時にはその部分だけではなく、脱毛部分が拡大してしまうこともありますので、拡大を防ぐには外的な刺激を避けたり、菌の繁殖を防ぐために頭部をきちんと洗い清潔を保つことも大切です。治療方法は瘢痕部が小さい場合はその部分を切除して縫い合わせることもできます。

FAGAとは~女性の薄毛の症状、メカニズムは

AGAと言う頭髪に関する症状を示す言葉があるのですが、これが男性特有の薄毛や抜け毛などを指す男性型脱毛症を意味しているのに対し、FAGAとは女性男性型脱毛症と訳されることが多い症状で、文字通り、女性特有の薄毛や抜け毛などの頭髪にまつわるトラブルのことを意味する言葉であり、AGAの女性版と解釈することもできます。
AGAとFAGAの違いは、ひとつには薄毛や抜け毛などがあらわれる頭皮の場所を挙げることができ、AGAが頭頂部や髪の生え際、前頭部などの頭髪が薄くなっていくのに対し、FAGAは頭髪そのものが細く、弱くなっていくのが特徴のため、頭皮全体が薄い印象になっていってしまうことが多いです。
また症状が出てくる原因もAGAとFAGAの違いとして挙げることができ、AGAは男性ホルモンが、FAGAは女性ホルモンがそのカギを握っていると言えます。

男性の体には男性ホルモンと少量の女性ホルモンが、そして女性の体には女性ホルモンと少量の男性ホルモンが分泌されていると言うことをご存知の方は多いかもしれませんが、女性ホルモンが髪を育てる、育った髪を守ると言う作用を持っていることをご存知の方は少ないかもしれません。これは、女性ホルモンには毛根細胞にある発毛促進シグナルに働きかける作用があるためです。
男性型脱毛症であるAGAは、男性ホルモンが毛乳頭に入り込んだ際に特定酵素の働きを受けることで発毛阻害物質へと変換されてしまうことが発生メカニズムで、一方のFAGAとは、女性の体の中で分泌される女性ホルモンが低下することによって、男性ホルモンが優位になってしまうことが発生のメカニズムとされています。
女性ホルモンが低下することによって発毛や育毛に支障がきたされてしまう、また男性と同じように、優位になった男性ホルモンが特定酵素と結びつくことで発毛阻害物質へと変換されてしまい、女性ホルモンの分泌量が減少しているために、その影響を強く受けてしまうと言うのがFAGA発生のメカニズムです。
ちなみに、全ての人の男性ホルモンが毛乳頭に入り込むわけではなく、それには男性ホルモンを受け入れるレセプターの有無が大きく関係していると言われており、このレセプターの有無は遺伝によるものが大きいと言われています。
女性ホルモンが低下するのは、一般的には30代後半からで、40代の後半からは急激にその分泌量が減少していきますが、これには個人差があり、ストレスを常に抱えている人や生活習慣が乱れがちな人などは若い内からでも女性ホルモンが低下していく傾向にあると言われています。

さて、AGAとFAGAの違いとしてもうひとつ、挙げることができるとすれば、AGAは進行性であるため髪が全くない状態、いわゆるはげと呼ばれる状態になりやすいのに対し、FAGAは、そうはなりにくい、薄毛の状態が続いたままであることが多いと言うことを挙げることができます。
これは、女性ホルモンの分泌は量が減っていくとは言え分泌そのものは続いているためであり、また男性と女性の発毛サイクルや頭皮環境の違いを挙げることができ、そのためFAGAの場合は、早期に発見し、早期に対策をとれば、発毛サイクルそのものの乱れにつながる前に症状を改善させることも可能ですから、薄毛が気になった方は速やかに医療機関に相談することをおすすめします。
FAGAの対策としては女性ホルモンの分泌量低下を補うことが効果的で、たとえば女性ホルモンのひとつと似た構造をしているイソフラボンを豊富に含んだ大豆食品を摂取すること、また生活習慣を整えることが効果的で、特に生活習慣に関しては睡眠時間をたっぷりと確保すること、無用なストレスは抱え込まないことが重要です。またそれと同時、少しでも頭皮の健康状態を保つために、女性専用の、低刺激で天然由来の有効成分が含まれた育毛剤を使用するのも良いことです。

脱毛の種類と薄毛のメカニズムとは

脱毛にはいくつもの種類があり人によって毛の抜け方はさまざまですが、髪が抜け落ちて薄毛になってしまうメカニズムはどのようになっているのでしょうか。
 髪の毛は永遠に伸び続ける事はなく、一定の期間が過ぎると自然と抜け落ち、抜け落ちた後はそこからまた新しい髪の毛が生えてきます。そんな髪の毛の成長は「成長期」「退行期」「休止期」の3つの周期を繰り返しています。この髪の毛が成長して抜け落ちるまでの周期をヘアサイクルと言って平均して4~6年の期間があります。ヘアサイクルのほとんどが成長期で、成長が止まる退行期を2~3週間経て休止期が数ヶ月間訪れます。毛髪は1本1本ヘアサイクルが異なり脱毛の時期がずれるので通常は一度にまとめて抜ける事はないので心配はいりませんが、薄毛は通常4~6年期間がある成長期が数カ月から1年ほどしかなく、毛髪が短く細いうちに抜けてしまうために起こり、短く細い抜け毛が増えてくると薄毛になりかけているサインなので注意が必要です。
 毛が抜けてしまう症状、脱毛症にはさまざまな種類があり、男性と女性でも抜け方には違いがあります。そんな脱毛の種類には男性に良く見られる壮年性脱毛症、男性型脱毛症、円形脱毛症、脂漏性湿疹、抜毛症(ばつもうしょう)があり女性に多くみられる脱毛症としては女性男性型脱毛症、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症があります。
 男性が良くなる脱毛症は壮年性脱毛症と男性型脱毛症で壮年性脱毛症は成人した男性に良く見られ、ヘアサイクルの成長期が短くなり硬い髪の毛が軟らかくなる事によって起こる脱毛症で特徴としては前頭部と頭頂部が徐々に薄くなっていき、男性型脱毛症は男性の10人に1人の割合で発症するとされ主に30~40歳に症状が目立ち、頭頂部と額の生え際から薄くなって来るのが特徴で原因は男性ホルモンが関与していると言われている脱毛症です。
 男性女性関係なく幅広い年齢層に発症する脱毛症として円形脱毛症と脂漏性湿疹が挙げられ学童期に多い脱毛症として抜毛症(ばつもうしょう)があげられます。円形脱毛症は突然円形や不整形に髪が抜けてしまう症状で原因は自己目寝気機能と関係している事が分かっている脱毛症で、脂漏性湿疹は「Malassezia furfur(マラセチア菌)」は誰にでも存在するといわれている真菌が増殖する事によって炎症を起こしフケやかゆみが引き起こされ、この症状が悪化すると毛髪の毛穴にまでおよび毛穴が毛根を保てなくなり脱毛が引き起こされる脱毛症で、抜毛症(ばつもうしょう)は正常な毛を自分で引き抜いてしまう事によって起こり精神的なストレスが引き金となりおこる脱毛症です。
 女性に多くみられる脱毛症としては女性男性型脱毛症、牽引性脱毛症、分娩後脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症の3種類あり、女性男性型脱毛症は男性に良くみられる男性型脱毛症の女性版でびまん性脱毛症とも言い男性とは違い髪全体が薄くなってしまう症状で、牽引性脱毛症は毎日同じ分け目にしていたりポニーテールなど髪の毛を結ぶ事によって長期にわたって髪の毛を引っ張った利する事によって引き起こされる脱毛症で改善策としてはいつも同じ髪型にせずに時々ヘアスタイルを変えて髪の毛や頭皮の負担を減らす事によって防ぐことのできる脱毛症です。そして分娩後脱毛症は名前の通り妊娠中から出産にかけてホルモンバランスが崩れる事によって一時的に抜け毛が増えてしまい通常は1年ほどで自然に回復しますが、高齢出産をした方等は回復に時間がかかってしまう場合がある脱毛症で、粃糠(ひこう)性脱毛症は乾燥した老けが毛穴を塞いでしまうことによって頭皮に炎症を起こし髪の成長が妨げられてしまう脱毛症です。

遺伝と薄毛のメカニズムについて

“AGAや薄毛は遺伝するという事を聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、もし、そうだとすれば、そのメカニズムはどのようなものなのでしょうか。
実は、薄毛になる要因は一つではなく、様々な要因が重なって髪の毛が薄くなってしまうわけですが、その中の要因の一つに遺伝があると言われていますが、その割合は全体の4分の1、25%の確率で遺伝すると言われていおり、親類に髪の毛が薄い人がいるからと言って、必ずしもそうなるというわけではないのです。
また、薄毛やAGAは隔世遺伝であると言われることも多くありますが、これは、ジヒデロテストステロンの影響を受け易いか否かは母方からの遺伝により左右されるとされており、どういうことかというと、母方の祖父、つまり、母親の父親が薄毛で有る場合には孫にもそれが受け継がれることが多いということになるのです。AGAは男性型脱毛症と呼ばれるとおり、男性ホルモンの影響を受けてなるため、女性である母親がそのような症状になることはほとんどないため、結果として、祖父の髪が薄ければ孫もそれを受け継いでいるように見えるというわけです。
もちろん、父方からも影響は受けますし、兄弟がいる場合には、どちらか一方が影響を受けるということもありえます。
なお、ジヒデロテストステロンは、テストステロンが変化したもので、悪玉男性ホルモンとも呼ばれておりますが、テストステロンは、精巣・副腎で作られる男性ホルモンの一種であり、生殖器の増大や性欲の増加、骨格や筋肉の成長、行動力の増進などの作用があり、一方のジヒデロテストステロンは、精力の減退や体毛の増加、薄毛などの原因となるとされています。
テストステロンがジヒデロテストステロンに変化するメカニズムとしては、還元酵素である5αリダクターゼがテストステロンに作用し、返還されることでジヒデロテストステロンが誕生し、そうして誕生したジヒデロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体に結合してしまうため、髪の毛を作るための細胞分裂が減ってしまうということになるのです。
抜け毛や薄毛を改善するためには、このホルモンの生成を抑制するということがポイントとなり、その効果的な方法としては、育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントを使用する、内服薬を使用する、日常生活の改善をする、専門の医療機関で治療を受けるなどがあります。これらは、複数を組み合わせて行なうことにより、より高い効果を得ることが出来ます。
自宅で簡単に誰でも出来る方法としては、バランスの取れた食生活やストレスを溜めない、良質な睡眠をとる、禁煙をするなどの方法があり、いずれも初期段階であれば効果が出る可能性がありますが、そうでない場合には思ったような効果を得ることが出来ないと考えられますので、注意が必要です。
医療機関で治療を受けるという場合には、一般的に男性ホルモンを抑制する作用のある内服薬を使用するのが一般的となっており、その種類は大きく2つに分けることが出来ますが、医薬品ですので、高い効果を得ることが出来る一方で、副作用が生じる可能性もゼロではありませんので、服用する際には注意が必要となることもあるということを理解する必要があるでしょう。
育毛剤を使用するにしても、医薬品を使用するにしても、使用してすぐに効果を得ることが出来るというわけではないため、継続して使用するということが重要と言われているのは、髪が生えてくるメカニズムが影響を及ぼしています。場合によっては、育毛剤や医薬品を使用することにより、一時的に髪の毛が抜けることが多くなる可能性がありますが、それでも諦めずに使用することが重要とされています。”

部位による薄毛のメカニズム

“薄毛といっても、円形脱毛症や男性型脱毛症、脂漏性脱毛症やびまん性脱毛症、ひこう性脱毛症など種類がありますので、部位による薄毛のメカニズムを知っておくことで髪の毛が抜け始めたときに正しい対策をとることができます。

円形脱毛症の場合には、部分的に丸く毛が抜けてしまうもので頭髪だけでなく全身のどこの部位にも発症する可能性のあるもので、十分な解明がなされていないため決定的な治療が確立しているわけではありませんし、アトピー性皮膚炎の合併症として現れることもあり、生活環境の変化で突発的に現れるなどストレスも大きく関係している脱毛症で、脱毛によるストレスによって悪循環に陥るなど治るまでに時間がかかる場合も多い症状ですから、発見したら早めに皮膚科を受診することが大切です。
脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって起こる脱毛症であり、皮脂が過剰になる原因は洗浄力の強すぎるシャンプーによって皮脂を取りすぎることによって皮脂の過剰分泌を招いてしまったり、頭皮を清潔に保たないことで皮脂が毛穴が詰まってしまい脱毛してしまうという脱毛症であり、頭皮に赤みやかゆみがあり、湿っぽいフケが出てくる傾向があります。
びまん性脱毛症の場合には、全体的に薄くなるハゲかたをする脱毛症で、女性に多くみられ、男性によくある男性型脱毛症とは違い生え際から薄くなるといった特徴はなく、老化、ストレス、過剰なヘアケア、過激なダイエット、間違った生活習慣などが原因として考えられる脱毛症です。
ひこう性脱毛症は頭皮に現れるアレルギーの一種といわれており、乾いたフケが大量に見られるタイプの薄毛であり、原因としては、過度な洗髪や過剰なヘアケアなどによって起きると考えられます。
男性に多い薄毛である男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響によって引き起こされ、男性ホルモンが酵素の影響を受けて脱毛ホルモンであるDHTに変換されることによっておきる脱毛症です。
DHTに変換させるホルモンである5-アルファリダクターゼは、前頭部と頭頂部に多くあるため、額の両側から薄くなるM字型のハゲや、頭頂部からハゲてくるO型という形で薄くなっていくことが多いです。
男性型脱毛症の場合、酵素の影響を受けて十分に髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまうという状態になっていて、ヘアサイクルが乱れているという状態であるため、毛根そのものが死んでいるわけではなく、産毛はある状態であるため、この状態のうちに適切な対策をすることで本格的なハゲになることを防ぐことができます。
毛根そのものが生きているといっても、ヘアサイクルが乱れ、毛母細胞の寿命が尽きてしまうと毛根そのものも死んでしまうことになりますので、まだ毛母細胞の寿命があるうちに対策をとらないと毛母細胞そのものが死んでしまい、髪の毛を生やすことができなくなってしまいます。
男性型脱毛症は進行性の脱毛症であるため、男性型脱毛症であることに気付いたら、少しでも早く適切な治療を受けないと、髪の毛が二度と生えてこなくなるという状態を招くことになってしまいますので、M字型やO型のハゲに気付いたときには、早めに病院で治療を受けるなど早めの対策をとることが大切です。
薄毛のメカニズムそのものは色々ですが、生活習慣や食事、ストレス、ヘアケアなどは関係してきますので、髪が薄くなったと気付いたら生活習慣の改善や食事の改善、ストレスの解消、ヘアケアの見直しなどを行うことも大切です。

部位によって薄毛になるメカニズムは様々ですが、放置しておくと治りにくくなったり、本格的にハゲてしまったりしますので、病院を受診するなど適切な対応をとるようにしましょう。”

男性ホルモンが薄毛を引き起こすメカニズム

“男性ホルモンは男性らしさを出すために必要なものですが、影響が強すぎると薄毛になってしまう危険性があるというのはご存知でしょうか?
男性ホルモンのテストステロンは精巣で作られる物質で、男が男であるためになくてはならないもので、思春期を迎えると筋肉が発達してくるのも、このテストステロンの影響です。
ではなぜ男性ホルモンが髪に対して悪影響を与えてしまうのでしょうか?

これを知るには、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって、5α-DHT(もしくは単にDHT)というジヒドロテストステロンに変換されるメカニズムを理解しておくと良いです。5α-DHTはテストステロンよりも強い力を持っているのですが、これは髪の成長にとって悪影響を与えてしまいます。
発毛に関わる髪の毛の根っこにある毛乳頭を萎縮させてしまう上に、毛母細胞の成長を抑えてしまい、髪が太く長く成長してしまう前に抜けさせてしまい、髪が細く短くしか育たないうちに成長を終わらせてしまいます。
体には髪の毛の他にもわき毛や胸毛などの体毛があるのに、なぜ髪の毛ばかりが影響を受けてしまうのかというと、悪玉の5α-DHTを作り出す5αリダクターゼが前頭部〜頭頂部という限られた部分の毛乳頭細胞や毛母細胞に存在(前立腺にも存在)しているからです。AGA(男性型脱毛症)が前頭部と頭頂部に起こって、M字やO字ハゲを作ってしまうのは、そのせいです。
AGAが起きているかどうかに関わらず、男性が持っているもともとのテストステロンの量には差がないので、脱毛を抑えるには、5αリダクターゼという酵素タンパク質を阻害してしまえば良いということになります。
酵素タンパク質を阻害する効果がある、日本の大半のAGAクリニックで処方されている治療薬は、もともとは前立腺肥大症の治療薬でしたが、脱毛症にも効果があると認められて、AGA治療薬として注目されており、効果が高いだけに副作用(肝機能障害・勃起不全・性欲減退・精液減少など)の報告もありますが、高い治療効果をあげています。
脱毛症には一時的な脱毛と進行性の脱毛の2つがあり、前者は身体的な疾患や薬剤の影響によって起こりますが、後者は加齢やAGA、つまりは前述した5α-DHTという男性ホルモンの影響で起こると言われています。これが影響しすぎるとヘアサイクルの成長期の部分が短くなってしまうために、細く短い毛しか育たなくなってしまうので、密度が低下して薄毛になってしまうということです。

5α-DHTがAGAの元凶になってしまうメカニズムが理解出来たでしょうか?
男が男であるために必要な男性ホルモンが、育毛にとっては阻害物質になってしまうということで、ヘアサイクルの成長期を縮めてしまうことで、細く短い髪の毛しか育たなくなるので、密度低下が起こって薄毛に見えてしまうということですが、これを抑えるために活用されているのが5αリダクターゼという酵素タンパク質の働きを阻害する治療薬ということで、非常に有効な効果があるとして注目されています。
酵素の働きによって強力な男性ホルモン(5α-DHT)に作り変えられるのを防ぐ治療薬は、日本のAGAクリニックで標準薬として使われている薬で、肝機能障害・勃起不全・性欲減退・精子の減少などの副作用の心配があるものの、AGAにとっては高い治療効果が期待出来るとして使われています。
AGAに悩む男性は多いですが、これは男らしさを作り出す物質による影響なので、男として生きている限りは一生付き合わなければならないことなので、くよくよ悩む前に原因を作り出してしまう5αリダクターゼ酵素の働きを抑制するように心がけましょう。”

脱毛メカニズムとビタミンによる薄毛予防

“毛はウイルスや細菌といった外敵の侵入阻止や体温の保温、日光や紫外線から肌を守る役割などの機能を果たすと同時に外的環境にさらされることによって日々ダメージを受け続けています。そのため古い毛は汚れがたくさん付着して不衛生な状態にあり毎日次から次へと新しい毛が作られては古い毛は抜けていくというサイクルを繰り返しすことで健康維持に関与しています。
脱毛は、毎日人間の身体の至る所で起こっている自然現象でありまして、健康であれば正常に毛の生えかわりのサイクルが機能していますが、どのような部分が毛を作り出しているのでしょうか。自らの身体の基本的なことである毛が健康な生えかわりを継続していくにはどういったことが維持されて、どの部分を健康にしていなければならないのかを認知しておくことが必要です。
まず毛が生えてくるメカニズムは、毛穴の奥に毛乳頭という部分が存在し、その周りに毛母細胞があり、そこが活性化することで毛が作られるという仕組みですが、毛が伸びる成長期、成長が止まる退行く期、毛が抜ける休止期の3段階が成長サイクルとして日々繰り返されています。脱毛のメカニズムとしては退行期で毛は既に毛根から離れ、休止期に毛母細胞が再び毛を作り出す準備に入るためにの活動を停止するからであり、再び毛を生やすに不可欠なことが毛母細胞の活性化であり、それは頭皮の毛細血管から毛乳頭に酸素や栄養素を十分に送られることで起こり、細胞分裂がたくさん行われることで毛が作られます。毛乳頭に与える栄養素の中にはビタミンも含まれていますが、たくさん摂取したほうが良いビタミンと過剰摂取は避けなければならないビタミンとがあり、単にビタミンなら何でも良いという考えを改めて正しい知識を知っておく必要が大事なことであります。
ビオチン、ビタミンB2・B6はビタミンの中でも水溶性ビタミンのグループであり、その効果はビオチンは毛細血管を太くし血流アップに働き、B2・B6はタンパク質から髪の毛を作り出す機能を促進さる働きがあり、また水溶性のグループのものは過剰摂取しても尿に溶けて排出させるので摂りすぎを気にする必要はなく、逆に毎日摂取しなければ短い間で不足してしまうので注意しなければなしません。
さらにもう一つ髪にとってよいビタミンがあり、それはビタミンEでこの働きは、老化を促進する脂質類を破壊することと血管の健康状態を維持するとともに血行を促進する働きがあります。しかしこのビタミンは水溶性ではなく脂溶性のグループのものであるので尿で排出はされないことから過剰摂取にならないように注意が必要なビタミンであります。
逆に脱毛を引き起こしてしまう注意すべきビタミンがビタミンAで、過剰摂取により細い髪、弱い髪になってしまうことが理由で、最終的に髪の寿命が短くなることや異常脱毛が発生する原因でもあるからです。このビタミンは脂溶性であるので尿に溶けることによる排出はされないことに注意しなければなりませんが、かと言って全く取らなければ頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。
毛の生え変わりは人間が必ず行う生命活動の一つであり、そのためにはタンパク質が欠かせませんが、さらに重要な成分が先ほど説明したビタミンであり、毛の伸長に関するものや頭皮に関わるもの、栄養を運ぶ通路である血管に関わるものなど様々で、ひとつ不足してしまうだけで簡単に成長サイクルが変わってしまうほどビタミン不足は深刻でいかに重要なものであるか理解できると同時にタンパク質などのメインの成分と同時にそれ以外の栄養素がそれぞれ機能することで正常な毛髪サイクルが成り立っていることがわかります。

薄毛のメカニズムを知って改善する

“男性なら早い人で思春期の頃から、女性なら更年期の頃から薄毛に悩む人が少なくありません。男性の薄毛の多くが男性型脱毛症「AGA」と言って男性ホルモンによって起こる症状で、テストステロンという男性ホルモンが前頭部や頭頂部位に多く存在する5αリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロンというホルモンに変えられ、そのホルモンが毛母細胞に入りこむことによって毛母細胞の働きが抑制されるため毛を生えさせ成長させることができなくなるのです。
毛母細胞がしっかり働かなくなるとせっかく生えてきた毛も十分に成長することができず、本来なら2年から6年もある毛髪の成長期がわずか6カ月から1年という短い周期で終わってしまうため、男性型脱毛症で抜ける毛は短くて細いという特徴もあります。
このようなメカニズムで男性型脱毛症の症状が起こってくるのですが、実は女性にも男性型脱毛症があるのです。女性の男性型脱毛症は「FAGA」と言われていますが、「FAGAとは女性が「AGA」と同じようなメカニズムで薄毛になるということですが、それは女性にも男性ホルモンが存在するからです。それでも女性にはエストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されていて、エストロゲンは毛髪を育てる働きがあるので、エストロゲンの分泌が活発なときにはテストステロンの分泌が抑えられているのです。しかしやがて女性も更年期を迎えエストロゲンの分泌が少なくなるとテストステロンが優位に働いてしまうため「AGA」の症状が現れてくるということです。
ただ女性も男性も脱毛=AGAではないのです。よく薄毛は遺伝といわれていますが、遺伝といっても親子で同じようにテストステロンの分泌量が多いということもありますが、生活習慣にもあり、食生活で必要な栄養がしっか摂れていなかったり、脂肪分や糖分の多い食ばかりをしていたり、睡眠時間が短かったり、あまり運動をしなかったり、喫煙や飲酒量が多いなどの生活習慣が血流を悪くし、頭皮にまでしっかりと栄養がいきわたらないということが原因で髪の毛のサイクルが狂い薄毛になるということもあります。
また髪のケアがきちんとできなかったり、女性なら髪の毛を結ぶ習慣によって頭皮が傷んだり、パーマやカラーリングの液剤などで頭皮がダメージを受けるなどの生活習慣の乱れや髪や頭皮に負担をかけていたことも原因になるので、そのようなホルモン以外の脱毛が原因の時にはAGAの治療法では改善しないこともあるため、薄毛が気になりだして来たら早めにAGAの専門医を受診して原因を探り、その原因に合った治療法を指導してもらうことが改善への早道となります。
テストステロンが原因のAGAなら、日本皮膚科学会が一番推奨する血管拡張薬である「ミノキシジル外用薬」と前立腺治療に用いられテストステロンを抑制することができる「フィナステリド内服薬」が効果的で医師からもその二つの薬を処方してもらえ、それらを服用したり頭皮に付けることを続けることによってだんだん効果も表れてくるので根気強く治療を進めてくことが大切なことです。
そして生活習慣の乱れやシャンプーの仕方などが原因でAGAということでなければ、医師の判断を仰ぎながら、食生活などに気を付けたり育毛剤などを使用して改善していく方法をとるようにします。何をするにしても原因が早く、はっきりすれば治療法や対処法が分かり、あまり自分の症状や原因に対して効果がない対策を続けて時間とお金の無駄になることを防ぐことができ、AGAにしてもほかの原因にしても、髪の毛のために生活習慣の乱れを正すように心がければ髪の毛だけでなく、血流がよくなることで身体も健康になり、生き生きとした毎日が送れるようになります。